Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
リース会社の選択・・・
リース会社を選択できるの・・・

基本的に、リース会社の選択は可能と言えます。

リース会社には、信販系と銀行系があると思われますから
自社の取引銀行にリース部門があるならば
月々のリース金額が安くなる場合もあります。
自社の業績によっては料率の交渉にも対応して頂ける
事もあります。

最近は、業種によって料率を変えているリース会社もあると
聞きます。

リース会社には、与審がありますから全ての
リース会社で契約ができるものではありませんが
セールスマンが提示するリース会社の他に、1〜2社位には
声を掛けたいものです。

また、リース期間中であっても新設備の見積価格と
リース残金を合わせて他のリース会社で契約することも
可能ですから賢い契約をお薦めします。



posted by: denden-biz | HP質問編 | 08:34 | - | - | - | - |
リース金額について・・・
リース金額はどのように決定するの・・・

このような質問がありましたので掲載しました。
リース金額は、物品の現金価格と契約年数によって
決定します。

例えば、50万円(税別)の商品を5年リースで
計算する場合、リース会社の料率によって計算します。

(料率が5年/1.9の場合、9,500円税別)
販売店の中にはリース金額だけを提示するところも
あるようですが、基本的にはリース会社がユーザーに
対し、リース金額を提示することが多いようです。
現金価格が元になりますので必ず業者に対して詳細見積を
依頼する必要があります。
リース金額のみ提示する会社は要注意かもしれません。

基本的には、複数のリース会社に見積依頼をして
リース金額を提示して頂く事が最良でしょう。

リース金額の中には、保険料も含まれていますので
天災等による機器の損害は保険支払の対象となります。


posted by: denden-biz | HP質問編 | 13:35 | - | - | - | - |
再リース契約について・・・
最近、再リース契約についてのお問合せがよくあります。

そこで、これまでの事例を掲載しました。
但し、あくまでも事例でありリース会社によって方法が
異なり現在では、下記の方法では処理できない方法も
記載しておりますので詳しくは契約リース会社に
お問合わせください。

例(1)再リース(年契約)
利用期間中、再リース料金を支払う。

例(2)買取1リース料金の二ケ月分で買取。
(毎月リース料金x12ケ月)÷10=年間再リース料金
年間再リース料金x2=買取金額

例(3)買取一年目は、再リース契約。
二年目に買取。

以上が主な方法ですが、後々の事を考えたらリース契約時に
再リースの条件を確認する事が必要です。

リース満了後にどうしても再リース契約をしたくない場合は、
リース料金と同額で、ビジネスローンによる購入が考えられます。
但し、この方法もリース会社によって異なりますのでご注意ください。

posted by: denden-biz | HP質問編 | 10:52 | - | - | - | - |